動繁研サイト内を検索
WWW を検索
  HOME > ラット > LEC/LEA
 
 
 LEC♂10週齢 
LEC(Long-Evans Cinnamon)ラットは、北海道大学実験生物センターにてクローズドコロニーLong-Evans系ラット(神戸大学医学部 杉山武敏教授より分与)から毛色を異にした2系統の近交系LECおよびLEAが確立されました。1984年、24世代目のLECラットに黄疸と急性肝炎の自然発症が見られました。
当研究所では、2007年、徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部附属動物実験施設 松本耕三先生より分与を受けて繁殖を開始いたしました。
 
 LEA♂8週齢 
神戸大学医学部 杉山武敏教授より北海道大学実験生物センターに分与されたLong-Evans系ラットクローズドコロニーからagouti coat colorを指標に確立されました。
   
 特徴及び毛色
LEC 急性肝炎を自然発症
1年以上生存の個体については、ほぼ全例肝細胞癌を発生
銅代謝異常
ヘルパーT細胞欠損症
X線高感受性
LEC
LEA
Cinnamon coat color
Agouti coat color
 使用研究分野
LEC


LEA
Wilson病
肝炎
肝癌
LECラットの対照系統
   

 
  Copyright(C) 2015 IAR. All Rights Reserved.